投資ができるゲオとできない小松ストア

投資をしようとした場合、ゲオのように気軽に投資をすることが出来るものと小松ストアのようにできないものがあります。
小松ストアは以前上場をしていたので、投資をすることができていたのですが上場基準を満たすことができなくなってしまったことで廃止になってしまいました。

上場廃止になると、株式市場で自由に売買をすることができなくなってしまうので、投資をしたい企業であったとしても簡単に投資をすることができません。
直接株を売ってくれる人や買ってくれる人を見つけることができれば、売買をすることができないわけではありませんが、それは決して簡単なものではなく誰でも出来るものではありませんから、普通の人からすれば実質小松ストアに投資をすることはできなくなってしまったのです。

一方のゲオに関しては株式市場に上場をしていて、株価も2000円に満たないぐらいであるため20万円もあれば購入をすることが出来るものとなっています。
企業としての規模が大きいものであり、よほどのことがない限り倒産などを考える必要はないので安心です。
また、ゲオでは株主優待がありレンタルを半額で利用することが出来る権利を手に入れることができ、期間中は何度でも利用をすることができるので頻繁にレンタルを利用している人にとっては最適な銘柄となっています。

株主優待だけでなく配当も出るので、銀行にあずけておくよりも配当が出る銘柄に投資をした方がいいと考える人にも向いている銘柄となります。
もちろん、今の株価がいつまでも続くとは限らず上昇することもあれば下落をすることもありますから、投資をする際には将来に対するビジョンを描いて適切なトレードをするようにしましょう。